食の安全

2008年10月 8日 (水)

こんにゃくゼリー窒息死事故の本質は何か

こんにゃくゼリー製造最大手のマンナンライフは今月7日、7月に1歳の男児が窒息死した同社商品・ミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売各社に通知した旨が報道されている。

この措置の理由としてマンナンライフは「警告マークを大きくするなど行政(農林水産省)に要請された改善策に応じられないため」としている。また「商品が危険だから製造中止にするわけではない」ということで自主回収はしないのコメントも報じられている。

個人のブログ等をみてみると農林水産省の指導に対して概ね批判的、マンナンライフに同情的な意見が主流のようなので、一言書いておきたいと思う。
私個人の意見としては、農林水産省の指導も、マンナンライフの措置も妥当であったと感じている。これは2007年5月に死亡事故が公表された際に当ブログでも指摘してきた通りである。
→《こんにゃくゼリーで窒息死の報道にどう対応?(2007/5/23付ブログ)

さらにいえば今回のマンナンライフ社の姿勢には少なからずの不満がある。
最初の事故からは相当の時間が経過しており、遅きに逸した感が否めない。
同社コメントからは「本意ではないが行政のせいで製造中止する」「我々メーカーや商品自体に何の問題があるのか」という不承不承対応したという姿勢が明白だ。だから事故になった当該商品一品のみしか製造中止にしないのだろう。本当に納得しないのなら対応しなければいい。「弱みを見せたくない、自社の強気の姿勢を崩したくないが、今後何かあったら面倒だ」としたらこんな対応になるだろうというような勘ぐりも出てくる。
死亡した遺族の方々は、激しい怒りを感じているに違いない。

確かに製造中止すればそれでいいのかという問題もある。
子供が喉に詰まらせないのは保護者の責任だというもっともらしい意見も多い。
しかしこんにゃくゼリーは、元々存在する食品形態ではない。
こんにゃくメーカーが自社が取り扱う原材料を使った新商品が開発できないかと考えて、市場に出してきた独自商品である。
また、死亡事故で亡くなったのは子供だけではない。高齢者もこんにゃくゼリーを喉に詰まらせて死んでいる。
これは自己責任だと言って片付けてしまって良い問題だろうか。

他のブログ等での発言を見ていて気になるのは、どうも一面的にしか物事を見ない人が増えているのではという危惧だ。
たとえば「喉に詰まらせて死亡している食品は他にもあるのに『こんにゃくゼリー』だけが危険視されている」という論調がある。例として取り上げている食品が「もち」である共通点があり、だれか最初に記述したコメントに多くの人が同調したのかもしれない。
確かに餅を食べて死亡する人も後を絶たない。その意味では餅製造業者への喚起を促す必要があるかもしれない。
しかし、大きく異なる点がある。
それはこんにゃくゼリーには、類似した大きなゼリーという商品市場があることだ。こんにゃくゼリーはこのゼリー市場の一部ともいえる。この元々の「ゼリー」の食べ方として、あまり噛まないで呑み込むシーンが多くあるという状況が存在している点が大きく違う点である。
元々存在する「ゼリー」と同じような食べ方をして死亡するという悲劇が生まれているという状況を正確に認識しなければならない。事実、私の家族も普通のゼリーだと思って「こんにゃくゼリー」を買ってきたことがある。こんにゃくゼリーを呑み込んで食べると子供だけではなく大人も窒息する危険があるということを知らない人も多い。
そして、問題なのは一度喉に詰まってしまうと水を飲んだり、逆さにしても排出しにくいという点も挙がられている。
事件の記憶は簡単に風化する。何らかの形で商品購入時の注意喚起を行なうべきという指摘にはそれなりの妥当性があるのではないか。
もちを喉に詰まらせるのとは状況が明らかに違うことをよく理解すべきだろう。

厚生労働省は「製造を中止しろ」と要請しているのではない。
一般の「ゼリー」と違って、「こんにゃくゼリーは噛まないで呑み込むと喉に詰まらせて死亡する危険がある」ということをもっと購入しようとする一般消費者にわかるように告知してほしいという趣旨である。
他のブログ等での発言ではこの点を勘違いしている者さえいる。

製造者の立場としてすべきことは
①消費者に「正しい食べ方をしないと死亡に至る危険がある」ことをはっきりとわかる形で告知する
②消費者がメーカー側が想定していない食べ方をしても危険が発生しないように商品を改良する
という処置を講じる必要があると私は感じている。
マンナンライフと事件にあった購入者のどちらに責任があるのか、というような問題ではないと私は思う。
それぞれがそれぞれの立場でよりよき関係を目指して努力すべきではないか。確かに「行なう必要はない」という意見もあるだろう。それはそれとして一つの意見だ。だから厚生労働省も強制力のない「要請」というお願いで留めているのだと思う。

私も食品製造販売に関わる者の一人として自戒を込めて申し上げたい。
食に関わるというのとは、生死に関わるということだ。
製造者自身の目の前で、目の届く限られた範囲で食べていただける環境なら、まだいい。
しかし流通にのせて、より多くの消費者の皆様に食べていただくということは、予測不可能な事態が発生するという事業選択を行なったということだ。
そうした不測の事態が発生した時には、その当事者として被害を被った消費者の立場に立って、最善の措置を、迅速に、最大限の誠意をもって対処するしかない。

それができないのであれば、小さく、目の届く範囲で商売することだ。
マンナンライフの今回の対応は、昨今の食の安全の問題と同根である。
今回の対処についても、厚生労働省やマンナンライフが「事故を起こした消費者の自己責任である」という発言をしたとしたら、それはそれで大きな問題になっているだろう。
多くの人達の利害が絡み、関係する人の立場が複雑になっている現代においては、大多数の賛同を得る対応が見つからないことも多くなってきている。
どのような処置、態度をとっても賛否は激しく巻き起こるだろう。

私たち庶民は賢明な目で、物事の本質を見抜いていくことが求められている。

【関連リンク】
<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造中止(yahoo!毎日新聞ニュース)
こんにゃくゼリーで窒息死の報道にどう対応?(2007/5/23付ブログ)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年9月17日 (水)

汚染米流通先公表に対する反応 物事の本質を見失うな

三笠フーズの摘発によって実態が明らかになってきた事故米穀(汚染米)不正転売問題に関して、農林水産省の調査を元に政府は今月16日、新たに外食産業を含む375の流通先を公表した。
汚染米の流通先一覧(政府発表)はこちら

東京、千葉から西の日本列島の半分以上に広がる汚染拡大に、多くの人は驚きを隠せないに違いない。しかし長年にわたって、ある意味で米業界内では「あっても決して不思議ではない」黙認行為だったのではないだろうか。
何段階もの転売を重ねる米売買によって、トレーサビリティは全く判らなくなってしまう。しかしその転売によって決して少なくない業者の利益を生んでいた。
日本の農業、米の悲劇はこんなところにあるのだ。

政府による流通先公表という行為に対しての様々な反応には思いを複雑にせざるを得ない。今回の公表は必要であったという国民世論が大勢を占めるだろう。その一方で「事故米だと知らなかった善意の第三者である末端業者までなぜ公表するのか」という業者の立場での反論も当然起こってくる。仮にそのような理由によって公表を見合わせたとしたら、今度は消費者である国民の多くは政府、農林水産省の対応を一斉に非難するのは間違いないだろう。
ひとつの決断、行動を起こした時に賛否両論が出ているのは必然である。問題がより多くの人達に関係するとあればなおさらである。

事故米と知らずに購入した多くの商店、事業者は、「お客様に申し訳ない」「健康被害が出ていないか心配」と痛めた自身の心をさらに自分から先の人達に回し向ける。
その一方で、公表によって売上が激減するなど被害を蒙ったのは事情を知らされずに事故米を買わされた自分を含めた事業者だと主張する人もいる。その怒りの矛先は流通先を公表した政府、農林水産省に向かっている。

農水省の調査に販売先10社の実名を明かさなかった三重県四日市市の食材卸業「ミルズカトウ」の加藤芳男社長(49)は、三重農政事務所などを相手に訴訟を起こす考えを表明。社長は「公表された店は売り上げが落ちる。農政事務所の職員に『会社や販売先がつぶれても公表する』と言われた」と憤った。(MSN産経ニュースより転載)

その人その人の立場にあっては、その主張が最も重要な行為なのだろうと思う。
こうした非常事態に直面した時に、その人自身がもっている生命の基底がどこにあるのか、行動思考の基準がどこに置かれているのか、端的に現れてくる。

そしてもうひとつ、忘れてならないのは、こうした業者名公表という関心の高い出来事に目を奪われて事件の本質を見失わない私達の姿勢が大切である。
とかく日本人は熱しやすく冷めやすいと揶揄されがちだ。
大切なことは、
この事件が突発的なものなのか構造的なのか。
事件の本質的原因は何か、またどこがその発生温床になっているのか。
応急措置と恒久対策は如何にして講じるのか。
--こうした次を見定めた前向きな対応が求められている。

【関連リンク】
汚染米の流通先一覧(政府発表)
【事故米不正転売】「まさかうちが…」外食産業は困惑(産経新聞ニュース)
汚染米 外食産業にも“飛び火” 公表、戸惑いと憤り(Yahoo産経新聞)
複雑な流通ルート 隠蔽と価格高騰の一石二鳥(IZA!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

事故米転売事件 農林水産省の責任は重い

米卸売加工会社「三笠フーズ」による、汚染された事故米穀の食用転用事件で大きな衝撃が広がっている。この偽装行為は昨日今日始めたことではなく、約10年前から恒常的に行なわれていた疑いが濃厚だ。
どうして食品偽装が跡を絶たないのだろうか。
今回、三笠フーズが食用として流通させていた事故米は、殺虫剤メタミドホスが混入したもの、自然界で最も発がん性があるとされているアフラトキシン(発がん性のあるカビ毒)に汚染されたものなどである。いずれも残留基準を超えたものであり、本来は工業用など非食用として厳しく管理されなければならないものである。

このような米がなぜ食用に偽装されて流通してしまっているのか?
今回問題になっているのは、国が世界貿易機関(WTO)の協定に基づくミニマム・アクセス(最低輸入義務)枠で輸入した米である。
事故米の相場は、食品加工用米の流通価格の5分の1程度で安価といえようか。工業用の糊などに使われることを考えれば妥当な価格かもしれないが、それは「事故米」ゆえの価格である。
国際的な分担として汚染米を国内に持ち込む農林水産省には、健康被害が懸念される危険物として最終段階でどのような用途で消費されるのか、厳重に管理する責任があるはずだ。
メディア報道をみる限りでは、そのような厳重管理など全くされていない。民間企業に売却されたあとは知らぬ存ぜぬである。

三笠フーズの企業責任が重大であることはいうまでもないが、農林水産省の管理責任はそれ以上に重大である。

【関連リンク】
三笠フーズ事故米穀の販売先企業名(農林水産省・報道発表資料)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

高まる中国食品への疑惑 だからこそ冷静な分析解明を

千葉県と兵庫県で販売された中国産冷凍餃子による中毒事件が大問題になっている。
中国における過剰な農薬使用は以前から問題視されてきた。中国茶への検査が徹底できないのは業界では常識になってしまっているほどだ。
しかし、だからといって今回の問題の原因が中国における農薬漬けの野菜経営にあるかといえば、決してそうは断言できない。

今回の問題は少し状況が違う。
食に携わる者であれば誰もがすぐに気づいていることなので、あえて言うまでもないだろうが、数個の餃子による残留農薬を摂取したくらいで今回報道されているような被害症状になるというのは考えにくいという事実があるからだ。
また発生のパターンも居所的で、同じ被害者でも食べた餃子個体によって発生したりしなかったりしている可能性が推測されるからだ。
マスメディアでは、どの局でもどの新聞媒体でも、報道している視点は概要2点だ。
つまり
1)原材料が製造工場に入荷して、製造、輸出して消費者の口に入るまでの経路
2)食べた消費者が中毒症状を発症してから、事件が公になるまでの経緯
この2点、言い換えれば発生に至るまでのプロセスと発生後事実が消費者に認知されるまでのプロセスである。

いずれも大切なことではあるが、特に1点目についてはどのメディアも冷凍餃子が現地で袋詰めの商品の形態に仕上がっていることとから、工場までのプロセスに原因があるとしているようだ。
しかし繰り返しになるが、一度の摂取で危篤になるような大量の有機リン酸系の薬品が検出されていることを考えれば、 何らかの人為的な行為がそこにあったとみるのが至極妥当になる。
あえて踏み込んで推測するならば、商品包装の上から噴霧または浴びせるような状況が想像される。
例えば
・商品製造後の冷蔵処理までの間の保存時に倉庫等を利用している場合に、不衛生等の理由でゴキブリ等の害虫が発生し、その駆除に使用したケース
・船便を使用していることが報道されていることから、荷積みの際に冷凍倉庫を使用せず積まれた場所にねずみ等の害虫が発生し駆除のため薬品を使用したケース
・船舶での輸送の最中に船内に住み着いているねずみ等の害虫駆除に薬品を使用したケース
こうした仮説の方が、製造ラインまでの過程で薬品が残留したり、製造工程の途中で混入したと考えるよりも、検出量から考えると可能性は高いのではないかと思われる。

たしかに中国食品の安全性や農産物の薬物汚染の疑惑はぬぐいきれないものがある。
それと同時に、個々の事件の原因解明は、冷静に、正確に行われるべきである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

違いのわかる消費者の少なさ。

20071112_2
一昨日、花兄園(かけいえん)の浦和店に行った。
場所は10月10日にオープンした浦和パルコの地下1階、大丸フードマーケットというフロア内だ。開店からちょうど1ケ月のタイミングだ。
月曜日の正午過ぎだったが、どの店舗もなかなかの盛況ぶり。
花兄園のお店は東京駅一番街のお店のときから懇意にしているので楽しみに訪れた。
あいかわらず、おいしい。
花兄園プリンの味は健在。
安全に対するこだわりも以前から変わらず徹底していた。
ここまで徹底している養鶏養卵業者は零細経営を除く、数千羽以上の規模では花兄園が群を抜いている。

この違いは、実際に食べてもらうとわかる。
と私は思うが(^_^;)...味だけだと今の商品製造技術をもってすれば、相当ごかましが効くのも、事実。合成甘味料やら食品添加物入りの味をおいしいと思ってしまっている消費者がどれだけ賢明に判断できるだろうか(^^ゞ?

【関連リンク】
花兄園Webサイト
浦和パルコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

こんにゃくゼリーで窒息死の報道にどう対応?

今日23日に、国民生活センターがこんにゃくゼリーをつまらせた窒息死が2件発生していた事実を発表したという報道に目が止まった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000132-jij-soci
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007052300959

従来メディアでは、高齢者や幼児が詰まらせる事故が多いように報道していたように記憶しているが今回の事故はいずれも7歳の男児だ。十分に咀嚼能力があっても事故が起きている。
気になって国民生活センターのHPを閲覧したが、事故後の経過を読んで驚いた。
片方のケースでは「製品の注意書きに『もし喉に詰まったときは背中を叩いて取り出して下さい』と記載されていたが、事故が発生したときに相談者が当該処置を施しても全く取り出すことができず、駆けつけた救急隊員が医療用の器具を用いて取り出したという状況だった」(HPの原文のまま)。

つまり誤って喉に詰まらせたら救急隊員が来るまで呼吸できない場合が起こりうるということだ。到着までの時間によっては死が到来する。これは深刻な事態といわざるをえない。
同HPには、EUにおいて2003年5月にゼリー菓子へのこんにゃく使用許可を撤回する決定を行っている事実も紹介されている。
日本においても行政措置が検討されるべきだ。

そしてなによりも、こんにゃくゼリーを製造販売している製造者がこの事態をどのように受け止めているかが重要な関心事だ。
私も食品製造の経営に携わる一人として自戒を込めてあえて言っておきたい。
政府や業界団体が動く動かないに関わらず、死亡者を出してしまっている事実を真摯に受け止めなければならない。現在、製造者が行なっている措置といえば、商品の包装袋等に「よく噛んで食べて下さい」「喉に詰まることがあります」「詰まらせたら背中を叩いて吐き出させて下さい」等の注意書きと、商品の大きさを小さくする、配合を調整して柔らかさを変えるといった商品仕様の変更だ。
少し勘ぐる人なら「事故が起こるのは消費者の自己責任だと思っているか」と言いたくなるだろう。メーカーとして売り続けることが大前提での目先の対応でしかないと言われて、納得のいく説明ができるだろうか。

こんにゃくゼリーを食べなくても健康的な生活を送ることはできる。
製造者自らが抜本的決断を行なうべき段階にきているのではないだろうか。

【関連リンク】
国民生活センター「死亡事故2件発生 こんにゃく入りゼリーの事故」
平成17年度家庭用品に係る健康被害病院モニター報告
株式会社マンナンライフ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

不二家の危機管理

不二家がシュークリームの原材料に消費期限切れの牛乳を使用していたことが判明した。問題が発覚した工場は埼玉県新座市野火止にある。私の住む練馬区東大泉からも遠くない場所だ。

不二家の当初の発表には全く危機感が感じられない。消費期限切れの牛乳を使用したのは元社員の現パート契約の60歳代の従業員で、廃棄するとよい顔をされないと思ったということで職人気質のためか自分の判断を過信したんだろうという。企業側からこんな発言が出てくること事態に唖然としてしまう。この言い草では「今回の事件は一個人の判断で会社としての問題ではない」と言いたいのか。

その一方で「消費期限切れの原材料は廃棄する」とマニュアル化されているとしながら廃棄方法が明示されていない。牛乳の廃棄は産業廃棄物となるため廃棄方法が明示されていないことはありえない事態だ。
しかも不祥事はシュークリームだけではない。シューロールにりんごの加工品のアップルフィーリング...。過去には1ケ月に50匹もの鼠が捕獲されていたことも判明した。致命的だと感じるのは、社内調査で発覚してから今日の発表まで2ケ月も公表しなかった事実だ。

会見した藤井林太郎社長は、品質管理を徹底管理するため、11日から5カ所の洋菓子工場の操業を休止、全国の不二家チェーン店での洋菓子販売を休止すると発表したが、その口ぶりでは1週間程度で再開する心積もりらしい。
甘い。
そんな認識だから事故を未然に防ぐことができないのだ。私も食品製造業の経営者と改善活動を行なうことがあるが、そんな簡単に衛生管理が改善できるものではない。おそらく経営者が現場を知らないのだ。
以前、雪印が社会からバッシングを受けた大事件があったが、不二家にとっては完全に他人事だったのだろう。今回のことで「数億円もの損失が出そうで大変だ」と思っているのかもしれないが、それだけで終わるのか。経営者であれば、企業存亡の岐路に立った危機的緊急事態であることがわからなくてどうするのか。

不二家よ、食の安全をなめてはいけない。

《関連リンク》
株式会社不二家 http://www.fujiya-peko.co.jp/
yahoo!記事 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/food_safety/?1168511422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

メディア | 店舗 | 環境 | 生活 | 経営モラル | 経営戦略 | 食の安全