店舗

2007年9月11日 (火)

もったいないな、あのお店。

8日に行なわれたシンポジウムに参加するため八王子市に行った際、少し早めの時間に昼食を駅ビル(八王子NOW)の飲食フロアでとったときの出来事。

エスカレータで9階フロアに上がり、ぐるっと各店を見る。11時半前ということもあってどの店も空席が多い。店構えも同じような感じで「フロア全体をコーディネートした店舗デザイナーの人がいたのかな」とか思いつつ一周する。メニューや料金、店内の広さもさほど差がない。軽めにそばでも食べようと思って、2つあるエスカレータのひとつに近いお店に入った。

店内の雰囲気、テーブルの大きさ、価格や料理の味、注文から出てくるまでの時間なども及第点で格段の不満はなかった。しかし、また行こうとは思わない。
それはなぜか。
店員の応対が、よくない。
愛想がないとかそういうことではない。人として伝わってくるものが誰にもないのだ。無愛想とかではないだけに、もったいない。なんとかなるのに、と感じるのだ。
さほど混んでいないのに、のれんをくぐっても1分以上店員が出てこない。
女性店員がやっと顔をみせたと思うと、挨拶もなくいきなり「あそこに」と左手で示すが、空いている席が3~4テーブルありどこに座っていいのかわからない。戸惑っていると既に店員は奥に入ってしまっていた。
少々待たされて別の女性店員が注文にくる。ランチメニューの名前を覚えてなかったので「入口の前に出ていた今日のお奨めのセットを」と告げると「はっ?」「何のセットですか?」と店員はあからさまにいやな表情に(^_^;)私は必死に思い出そうと「え~と、たしか塩○なんとか御膳とか書いてあったような...」(あとで見て見たら塩○はお店の名前で、ごはん物は全部、塩○☆☆御膳となっていた^^;)と告げるが、よくわからない店員は「とろろご飯のあるセットですか?」といわれたが覚えていない私は「そうかな?...よく覚えてないのでそれでいいです」と答えた。テーブルにはメニューがあったが、時間がもったいないと思ったのだろうか、メニューを使って確認しようとはしなかった。
話の落ちは想像がつくだろう。私が食べたかった御膳でないものが出てきた。
そばも食べられなかった。店内のお茶はそば茶だったが(^_^;)
料理が出てくるまでの待っている間、やっと落ち着いて回りを見ると私が食べたかったものを半分以上のお客が注文している。なんで欲しい御膳のことがわかってくれなかったのかなぁ。
会計の際もレシートを渡されただけで「ありがとうございました」等の言葉もない。私が代金を支払う際はレジだけを見ており、レシートを手にしたときには半歩歩き出していた。

お店を出るとちょうど正午。
回りの店舗を見ると10名前後の入店待ちのお客様が並んでいた。
私の入ったお店はもちろん行列などなく、店内にはまだ空席が残っていた。
地元の人たちはさすがによく知っている。

経営者は気がついているのかなぁ...もったいない。
厨房も、内装も、外装も、メニュー構成もよいのに、本当にもったいない。
ある意味で業績改善がやりやすいお店だ。一緒にやりませんかと言いたくなる。
手を入れれば、売上も、お客様の満足も、ぐんっと伸びるのに。
もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

メディア | 店舗 | 環境 | 生活 | 経営モラル | 経営戦略 | 食の安全