« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月17日 (金)

ライフスタイルにふさわしい制度の構築を 厚生労働省が医療費負担の見直しに着手

厚生労働省が高齢者の医療費自己負担率の見直しに着手したことが報道されている。
検討されている見直し案のポイントは
①65歳~69歳の窓口負担を3割から2割に
②70歳~74歳の窓口負担を現在凍結されている1割から2割に
の2点である。

確かに現行制度では70歳を境目にして3割から1割に急減するシステムになっており、1歳違いでの較差に違和感があることは否めない。
仕事をしていたサラリーマンにとっては多くの人が定年退職を迎える65歳以降も5年間3割負担が続く現行制度での不満も多く聞かれる。
見直しによって、平均的なライフスタイルに近づける形になると思う。

また現在70歳以上の方の負担は経過措置で現行を維持、その後は3段階の制度になるため移行期間を含めて個々人の実質的負担増は発生しない試算となる。
現在の2段階から3段階になれば、高齢者という呼び方をする年齢区分とも整合性が取れるようになり、医療制度への理解も進むように感じる。現行制度でも70歳になって急に医療機関への診療回数を増やすという方はいないと思うが、高齢化が進む現代社会にあって、早い年齢から医療費の窓口負担が少なくなることは、国民にとっては老後の安心がひとつ増えることにもなると思う。

そんな視点からも今後の審議の行方に期待したいと思う。

【関連リンク】
<医療費>65~74歳の窓口負担 厚労省が2割に統一検討(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »