« 年末の繁忙期 | トップページ | 絶対に許せない 船場吉兆で食べ残しを他の客に »

2008年2月 1日 (金)

高まる中国食品への疑惑 だからこそ冷静な分析解明を

千葉県と兵庫県で販売された中国産冷凍餃子による中毒事件が大問題になっている。
中国における過剰な農薬使用は以前から問題視されてきた。中国茶への検査が徹底できないのは業界では常識になってしまっているほどだ。
しかし、だからといって今回の問題の原因が中国における農薬漬けの野菜経営にあるかといえば、決してそうは断言できない。

今回の問題は少し状況が違う。
食に携わる者であれば誰もがすぐに気づいていることなので、あえて言うまでもないだろうが、数個の餃子による残留農薬を摂取したくらいで今回報道されているような被害症状になるというのは考えにくいという事実があるからだ。
また発生のパターンも居所的で、同じ被害者でも食べた餃子個体によって発生したりしなかったりしている可能性が推測されるからだ。
マスメディアでは、どの局でもどの新聞媒体でも、報道している視点は概要2点だ。
つまり
1)原材料が製造工場に入荷して、製造、輸出して消費者の口に入るまでの経路
2)食べた消費者が中毒症状を発症してから、事件が公になるまでの経緯
この2点、言い換えれば発生に至るまでのプロセスと発生後事実が消費者に認知されるまでのプロセスである。

いずれも大切なことではあるが、特に1点目についてはどのメディアも冷凍餃子が現地で袋詰めの商品の形態に仕上がっていることとから、工場までのプロセスに原因があるとしているようだ。
しかし繰り返しになるが、一度の摂取で危篤になるような大量の有機リン酸系の薬品が検出されていることを考えれば、 何らかの人為的な行為がそこにあったとみるのが至極妥当になる。
あえて踏み込んで推測するならば、商品包装の上から噴霧または浴びせるような状況が想像される。
例えば
・商品製造後の冷蔵処理までの間の保存時に倉庫等を利用している場合に、不衛生等の理由でゴキブリ等の害虫が発生し、その駆除に使用したケース
・船便を使用していることが報道されていることから、荷積みの際に冷凍倉庫を使用せず積まれた場所にねずみ等の害虫が発生し駆除のため薬品を使用したケース
・船舶での輸送の最中に船内に住み着いているねずみ等の害虫駆除に薬品を使用したケース
こうした仮説の方が、製造ラインまでの過程で薬品が残留したり、製造工程の途中で混入したと考えるよりも、検出量から考えると可能性は高いのではないかと思われる。

たしかに中国食品の安全性や農産物の薬物汚染の疑惑はぬぐいきれないものがある。
それと同時に、個々の事件の原因解明は、冷静に、正確に行われるべきである。

|

« 年末の繁忙期 | トップページ | 絶対に許せない 船場吉兆で食べ残しを他の客に »

食の安全」カテゴリの記事

コメント

最近は毒入りのお茶も出てきました。食の信用がなくなりそうです。

投稿: 飲食店経営者 | 2008年4月11日 (金) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470818/10196292

この記事へのトラックバック一覧です: 高まる中国食品への疑惑 だからこそ冷静な分析解明を:

« 年末の繁忙期 | トップページ | 絶対に許せない 船場吉兆で食べ残しを他の客に »