« もったいないな、あのお店。 | トップページ | 違いのわかる消費者の少なさ。 »

2007年10月 3日 (水)

エキナカ商業施設 固定資産税の評価見直し

昨年来検討されてきた鉄道用地内での商業施設(通称「エキナカ」)への固定資産税と都市計画税について、通常の商業施設並みの課税を東京都が発表した。
JR東日本は今月2日、この課税措置を原則受け入れることを発表した。

この経営判断は適切だ。
私は駅ビル内への出店コンサルタントを行なった経験からも「エキナカ」への税負担の軽減措置は妥当ではないという考えを持っていた。報道でも指摘されているとおり、駅構外には改札を出た場所から商業施設が広がっているにも関わらず、税負担に3倍もの開きがあることには、公正かつ自由な競争を確保することを謳っている独占禁止法の精神にも反するとさえ感じていた。

しかも経営的視点から言えば、駅構内の方が売上を構成する立地要件が、より整っている。
つまり、より立地条件がよいにも関わらず大家(土地施設所有者)の税負担が軽いという逆転現象が起きていたわけである。
更に指摘すれば、その税負担軽減の恩恵はテナント入居者(お店)には何ら還元されていない。テナント料は「好立地」ということで「エキ外」よりも格段に高く設定されているのが実情だ。

エキナカを利用した人は気がつくと思うが「こんな小さなケーキが何で800円もするの?」とか「同じチェーンの飲食店なのにどこか盛り付けが見劣りするなぁ」と感じた方も少なくないと思う。
一般の消費者が知る機会はほとんどないが、JR駅構内やJR所有の駅施設内でのテナント料は周辺施設に比べても比較にならないほど、高い。いわゆるテナント料の他にも様々な名目の費用が付加されるためにJR東京駅など主要ターミナルに至っては、坪当たり費用は銀座の一等地の賃料を超える相場になっている。
「これで採算を取れというのはどういう神経なの?」という言いたくなるような場所でさえ坪5万円を超えているケースもある。

ではテナント入居している店舗はどうやって採算をとるのだろうか。
多くの店舗では、致し方なく販売商品の単価を高く設定したり、盛り付けのボリュームを下げたり、原価の抑えられる原材料を使うといった、消費者にとっては不利益になる不本意な経営をせざるをえない状況に追い込まれている。
それでもJR主要駅に出店しているというだけでも波及効果があるという側面が強く、出店を希望する企業、店舗は後を絶たない。したがってJRなど鉄道事業社サイドは強気の価格提示を続けているのである。

このような状況のなかで、税の軽減措置で得をしていたのは土地施設所有者であるJR東日本など鉄道事業者のみ、しかもその場所で高額の賃料収入を得ているという、極めていびつな現実が続いている。
今回の措置でその異常な状態が部分的でも修正されることを望みたい。
そして私たち消費者は、JR等の事業者がこの税負担をテナント入居者に転嫁するような行為をとらないように監視すべきである。

JR東日本社長の清野智氏は追加課税分について「23区で13億円、社全体で20億円。それなりに納得して支払うことになる」とのコメントを発表しているが、あまり上から見下ろすような印象の与える態度は止めておいたほうがいい。
今までの「一人丸儲け」の状態に消費者が気がついたら、バッシングの嵐になりかねない。

【関連記事】
「駅ナカ」 追加課税「納得」 JR東、支払い受け入れ
駅ナカ商売拡大で22億円追加課税へ、都が固定資産税など
独占禁止法(公正取引委員会)

|

« もったいないな、あのお店。 | トップページ | 違いのわかる消費者の少なさ。 »

経営戦略」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

昨日記事を読ませていただきました。

コメントもしたのですが、ちゃんと書き込まれてい なかったようで・・・
改めて、コメントさせていただきます。

もったいないお店は本当に多い気がします。

飲食店で働いている方々は接客が好きだから働いているはずなのに、どうしても時間が経つと大切な接客への思いがなくなってしまうように感じます。

実は僕は今までずっと飲食店で働いてきました。
やっと将来の目標も決まりそれに向けて勉強しています。

その目標は、はたさんがなさっている飲食コンサルタントです。

そんな中このブログに出会えたのは僕にとってとてもありがたいものでした。

これからもブログ楽しみにしています☆

投稿: bt | 2007年12月21日 (金) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470818/8221040

この記事へのトラックバック一覧です: エキナカ商業施設 固定資産税の評価見直し:

« もったいないな、あのお店。 | トップページ | 違いのわかる消費者の少なさ。 »